学校案内 学校説明会 入試情報 通学エリア 進路状況
校長日記 生徒・国際交流 図書室案内 保護者の方へ 卒業生のページ
□教育目標

□28プロジェクト
 地域
 日本
 世界
 社会
  企業とのコラボレーション

□カリキュラム

■生徒心得

□沿革
 校歌の由来

□施設

□年間行事

□クラブ

□数字で見る

□Q&A

広報部長より
私たちは世界をこころに、能動的に人生を創る日本女性として、

教養を高め、才能を伸ばし、夢を育てます。


上記を達成するために大切なこと

自ら考え、自らを表現し、自らを律する(校是)
学校という集団生活の場を通し、将来の社会生活において自らの能力を発揮し社会に貢献すると同時に、他者を尊重し、他者と協力できる優れた人になる。
明秀端雅(めいしゅうたんが) (創立者指針)
「明るい心と知性を持ち常にまっすぐに正しく生きる」という、人の理想とする心、姿を示す。
志願無倦(しがんうむことなし)(創立者指針)
「目標を立てたら、それを達成しようと願う心を強く持ち、あきることなく絶えず努力を続ける」という、学ぶ者の決意を示す。

生徒の皆さんにとっては、学校は学習の場であるとともに、人間としての生き方を学ぶところでもあります。従って、本校の教育精神である校是「自ら考え、自らを表現し、自らを律する」の真意を十分に理解し、その実現のために以下の項目を守って、秩序ある学校生活の中で、豊かな社会性を身に付けていきましょう。
I 登下校
1.登校時間は8:20です。交通事情をふまえ、余裕を持って登校しましょう。 (7時以前には登校できません)
2.下校は、17:50分です。(クラブ活動の終了は17:30)時間を守りましょう。
3.登下校の立ち寄りは、許可された生徒以外は原則として禁止です。
4.登下校に際しては、交通道徳を守り、まわりの人に迷惑をかけないよう、マナーをわきまえましょう。
II 学校生活
1.欠席・遅刻・早退等について
(1)欠席・遅刻・早退・忌引があらかじめわかっている場合は、保護者より生徒手帳の連絡帳「諸届欄」に記入の上、登校時に担任に届けて下さい。
(2)当日の欠席・遅刻等は、8:00から8:20までに、保護者から電話で担任に連絡して下さい。
(3)長期にわたる欠席は、その状況を随時担任に報告して下さい。
(4)病気欠席が長引くときや、長期にわたり体育を見学する場合は、医師の診断書を提出して下さい。
(5)学校伝染病にかかった時は、すぐに担任へ電話連絡し、所定の手続きをとって下さい。
(6)遅刻をした場合は、まず職員室に寄り、入室許可書を受けとるようにして下さい。
(7)登校後、健康上の理由による早退の場合は、養護教論が家庭に連絡します。帰宅後、必ず保護者から学校へ電話を入れて下さい。
(8)忌引日数(往復に要する日数を除く)
父母・・・7日
祖父母(曾祖父母)、伯叔父母、兄弟姉妹・・・3日
父母、兄弟姉妹の法事・・・1日
※その他の近親者については、担任に申し出てください。事情により、特別に認められる場合があります。
(9)慶事
近親者の結婚式等の場合には、保護者より事前に届けて下さい。原則として欠席になりません。
2.授業について
生徒として、一番大切な時間です。予習・復習を行い積極的に参加しましょう。
(1)予鈴または授業開始のチャイムで授業の準備を完了し、着席して担当の先生を待ちます。
(2)授業の開始、終了は係の生徒の号令で挨拶をします。
3.服装について
皆さんの制服姿は、伝統ある品川女子学院の「顔」です。生徒としての誇りを持って、美しく着こなして下さい。
(1)正装(フォーマル)
---入学式・卒業式などの式典---
冬服: ボタンダウンシャツ・ネクタイ(高等部)・リボンタイ(中等部)・スカート・冬用紺ハイソックス・ブレザー
夏服: 紺ポロシャツ・ハイソックス(夏用、冬用どちらも可)
*セーターは着用しません。
---始業式・終業式・学校行事など---
正装に準じますが、セーター着用可。冬服の場合、原則としてブレザー着用。
その他、学校から特別に指示される場合もあります。
---その他、学校から特別に指示される場合もあります。
(2)日常着(カジュアル)
---平日の登下校や校内---
指定服と組み合わせて着用します。ただし、ボタンダウンシャツを着用した場合はネクタイ・リボンタイを必ず着用しなければなりません。
ポロシャツの上には、ブレザーは着用しません。
(3)衣替えについて。
・6月1日〜9月30日は必ず夏服を着用して下さい。
・5月と10月は、気候に応じて夏服を着用してもかまいません。
 ※ただし、夏スカートを着用した場合、着用できるのは紺ポロシャツ・夏用紺セーターのみです(冬用紺セーターは着用できませんが、冬用のハイソックスは着用してかまいません)。
・11月1日〜4月30日は必ず冬服を着用して下さい。
 ※冬服では、冬用セーター・夏用セーター・冬用紺ハイソックス・夏用紺ハイソックス共に着用してかまいません。ただし、正装(フォーマル)時の靴下は冬用紺ハイソックスのみです。
(4)着用に際して次の点に心掛けましょう。
・スカートの丈は膝頭の上で採寸されています。スカートを折る・切る等して、スカート丈を短くしてはいけません。(スカートの裾には必ず白い線が見えるように柄合わせがしてあります)
・スカートについては、丈が短くなってきた時点で、各自必ず、買い換えをして下さい。
・通学靴については、2足目からは本校の指定靴を基準として茶のローファーを各自で購入して構いません。
・防寒用として、ハイソックス着用時に、肌色のタイツと重ねて着用してもかまいません。
・制服として指定されているもの以外は身に付けてはいけません。
・規定の服装以外で、やむを得ず登校しなければならない時は、生徒手帳の連絡帳の「諸届欄」により担任へ届け出た後、「異装届」を提出しなければなりません。
4.整容について
学生らしい清潔さを心掛けましょう。
(1)パーマやカール、髪の脱色・染色およびエクステンションの使用は禁止しています。
(2)化粧、マニキュア、ピアス、ネックレス、ブレスレットなどのアクセサリーをしてはいけません。
5.持ち物について
(1)通学鞄は学校指定の鞄を用います。補助バッグとして用いるものについては、華美なもの・だらしないもの・リュック型を用いてはいけません。他校のバッグも補助バッグとして使ってはいけません。なお、補助バッグのみで登校する場合は、学校指定のものを使用しなければなりません。
※ただし、怪我等の理由でやむを得ない場合は、異装届を提出し、リュック使用の許可を得る必要があります。許可された場合は、原則として黒・茶・紺色の無地のリュックを使用し、指定の異装許可タグをリュックにつけなければいけません。また、治療のために1学期以上の長期間使用する必要がある場合は、医師による正式な診断書を提出して下さい。
(2)制服や持ち物には記名をし、自分で責任を持って管理すること。
(3)授業やクラブ活動等に必要のないものを校内に持ち込まないようにしましょう。また、所持品はすべて各自の責任で管理しましょう。
※携帯電話は、校内では電源を切り、使用、あるいは使用と疑われる行為はしてはいけません。
6.校内の整備について
校内の施設、備品などの公共物を大事にしましょう。また、教室は、一日の大半を過ごす場です。常に整備、美化に努め、落ち着いた雰囲気の中で全員が気持ちよく学習できるようにしましょう。
(1)授業中は机の上に不必要なものは置かず、水筒、ペットボトルはカバンにしまいましょう。
(2)私物は常に整頓し、貴重品についてはロッカーに鍵をかける等、各自できちんと管理して下さい。
(3)教室の棚や生徒用のロッカー等は、担任の指示で使用します。以下の注意を守り、大切に使い ましょう。
ア.ロッカーの鍵(番号式でないもの)は各自で用意し、責任を持って管理すること。
イ.シールを貼ったり、落書きをしたりしないこと。
ウ.ロッカー内の整理には各自で努めること。
エ.破損の場合は、すぐ担任へ申し出ること。
(4)校内のゴミの分別に協力しましょう。
7.昼食等
昼食場所は、教室、カフェテリアです。これ以外では、屋上(人工芝)・アメニティホールです。(演習室や特別教室、講堂は使わないこと)ただしゴミはクラスに持ち帰り、分別して片づけましょう。
  • 自動販売機の利用は、利用時間については特に制限はありませんが、授業に差し障りのある行為やマナー違反のないようにしましょう。
  • 8.カフェテリアの利用について
    (1)利用時間
    食事時間12:3013:10(水・土は12:40から)
    コンビニ7:308:10 
     12:3013:15(水・土は12:40から)
     15:4016:30 
    ※遠方からの通学等により、自宅で朝食を取れなかった場合は、登校後8:20までの間に、Yショップで購入したパン等を食べてもかまいません。
    ※6年生は、自由選択開講日については、13:30までカフェテリアを利用することができます。
    (2)昼食時間を守りましょう。
    12:30〜13:10(水・土は12:40〜13:20)
    (3)食券を購入し、注文から片づけまでセルフサービス方式で利用しましょう。
    (4)テイクアウト用以外はカフェテリアからの持ち出し禁止です。
    (5)コンビニでは、順序よく並んで買いましょう。
    (6)ゴミの分別に協力しましょう。
    III 校外生活
    校内・校外において、本校生徒としての自覚と誇りを持ち、礼儀を重んじた品位ある行動をとりましょう。
    1.アルバイトは原則として禁止しています。ただし、経済上の理由のある場合は、担任に「許可願」を提出し、審議した上で、学校長が許可することがあります。
    2.校外での活動は、学業に支障のない範囲で行うこととして、保護者から担任へ「許可願」を届け出た上で、内容を審議します。適当であると判断された場合に、学校長より許可されます。
    ※生徒としてふさわしくない活動に対しては、許可されません。
    3.風紀上、生徒としてふさわしくない場所へは、出入りしてはいけません。
    4.ネット社会にはさまざまな危険が隠れています。下記の事項などに注意しましょう。
    ・インターネット上(プロフ・掲示板・ブログ、Twitter等のSNSなど)に名前や住所、電話番号、学校名などの個人情報を書き込んではいけません。
    ・同意を得ずに、個人が特定される写真を掲載してはいけません。自分自身の写真の掲載も控えましょう。
    ・誹謗中傷などの書き込みは絶対にしてはいけません。書き込みの内容には十分気をつけましょう。
    ・虚偽の書き込みをしてはいけません。
    5.家庭での「門限」に従って行動するようにしましょう。
    IV その他
    学校生活をおくるうえで、約束事に違反したり、きまりを守れない場合、また、法律にふれるような行為をした場合には、特別な指導や、懲戒をおこなうことがあります。
    ※本校は「世界をこころに、能動的に人生を創る日本女性」に育ってほしいと考えています。そのために、マナーを大切にするよう指導しています。ルールをご理解の上、ご入学ください。
    HOME Counter