学校案内 学校説明会 入試情報 通学エリア 進路状況 SGH
校長日記 百代の過客 生徒・国際交流 図書室案内 保護者の方へ 卒業生のページ
□教育目標

■28プロジェクト
 地域
 日本
 世界
 社会
  企業とのコラボレーション

□カリキュラム

□生徒心得

□沿革
 校歌の由来

□施設

□年間行事

□クラブ

□数字で見る

□Q&A

広報部長より

社会
 3年生のテーマは「世界」です。
 ここでは、その中で「社会」に関する活動を紹介します。
 保護者や教員以外の「大人モデル」を身近に見て感じることで、将来への視野を広げます。
企業とのコラボレーション(主に3年生)
企業の協力のもと、年間を通じておこなわれる授業があります。 社員の方に来ていただき、お話をしていただいたり、企業と教員で考えたさまざまな課題にとりくんだりします。
* * * * *

 「起業体験プログラム」は、「28プロジェクト」の一環として高等部1・2年生が文化祭を通じて取り組む学習プログラムです。9月の白ばら祭に向けて、準備は4月から始まり、クラス単位で起業に取り組みます。生徒による模擬店は会社として起業され、ベンチャー企業、司法書士・税理士・会計士など実際に社会で活躍する方々の協力を得ておこなわれ、参加プロセスすべてが学習です。
 実際の起業と同様の本格的な手順を踏み、株式会社を設立します。事業計画の提出、会社の登記に始まり、プレゼンテーション、文化祭当日の販売を経て、最後は株主総会をして会社を解散します。総合学習の時間やHR、夏休みなどを利用して活動します。
4月 <事業計画の立案・企画書作成>
どのような会社を設立するかクラス全員で話し合いを重ね、企画書を作成。商品の仕入れ先企業なども検討し、自分たちで順次アポイントメントをとって交渉開始。
5月 <事業計画書作成・飲食希望クラスコンペ実施>
企画書をもとに事業計画書を作成。人気の高い飲食店は出店が5つに制限されているため、5月にコンペを実施して出店クラスを決定。生徒の保護者3名に審査員となっていただき、希望クラスがプレゼンに臨む。
6月 <VC(ベンチャーキャピタリスト)へのプレゼン>
投資家を募ることも起業の重要なプロセスの一つ。生徒たちは卒業生の先輩にVCとなってくれるよう呼びかけ、毎年大学生のOGたちがそれに応じてくれる。そして高1〜2年生全クラスが一堂に会してプレゼン実施、先輩たちの厳しいチェックを受ける。
7・8月 <具体的な準備開始>
株券発行、定款、登記簿作成を経て、いよいよ白ばら祭での実行に向け具体的な準備開始。協力企業との打ち合わせ、資材等調達、広告・資料作成など。
9月 <白ばら祭本番・株主総会開催>
4月から積み重ねてきたプログラムの成果が試される。白ばら祭の当日は販売、翌日は株主総会を開催、決算発表をおこなう。
* * * * *

教科イチ押し見学会(1,4年生)
 2003年度より実施している教科イチ押し見学会は、2017年度から1年生と4年生での実施となりました。1年生は小学校の社会科見学から発展した形で、中学校ならではの広域にわたる施設見学で視野を広げること、4年生は希望する学部学科の専門領域への興味関心をより深めることを目的としています。

△外務省見学(4年生)
□2017年度の見学地一覧
【1年生】
教科見学地名称
英語キッザニア東京
国語早稲田大学文学部
社会日本銀行本店・貨幣博物館
ANA機体工場
東京都美術館「ゴッホ〜巡りゆく日本の夢〜」
東京国立博物館
数学リスーピア
理科小林理学研究所
気象庁
花王 川崎工場
進路新日本有限責任監査法人
図書国際子ども図書館

【4年生】
教科見学地名称
英語外務省
国語早稲田大学文学部
社会「江戸に触れる」〜仙田校長と共に〜
みずほ銀行品川支店
東京証券取引所
理科小林理学研究所
理化学研究所
情報日本テレビ放送網
進路新日本有限責任監査法人
早稲田大学(法学部)
図書国立国会図書館
※詳しくは白ばら日記をご覧ください。

HOME Counter