学校案内 学校説明会 入試情報 通学エリア 進路状況
校長日記 生徒・国際交流 図書室案内 保護者の方へ 卒業生のページ
□教育目標

■28プロジェクト
 地域
 日本
 世界
 社会
  企業とのコラボレーション

□カリキュラム

□生徒心得

□沿革
 校歌の由来

□施設

□年間行事

□クラブ

□数字で見る

□Q&A

広報部長より

<戻る
iPhoneアプリ「iBento」
生徒が作ったiPhoneアプリ「iBento」リリース
1月31日に文化祭企画として作成したiPhoneアプリ「iBento」がリリースされました。
このアプリは文化祭でお弁当をテーマに展示発表を行ったクラスの一部が、ピスチャー且蜊テのLife is Tech!という企画に参加し、5日間の研修を経て製作したアプリケーションで、アプリ甲子園で準優勝した作品です。

□アプリ製作までのLife is Tech!の様子
□アプリ甲子園決勝のプレゼンテーションの様子(17:30頃登場)
□iBentoについて
□Life is Tech!について
また、アプリ甲子園で準優勝と参加賞としていただいたタブレット3台とアマゾンカード35,000円分はマクドナルドハウスの世田谷ハウスに寄付をしました。
以下、その様子を綴った担任ブログです。

冬休みに文化祭でアプリを作成した子たちと、アプリ甲子園という企画に参加し準優勝したときに副賞としていただいたアマゾンカードと携帯タブレット3台を、マクドナルドハウスに寄付をしに行ってきました。
いただいた副賞をどのようにするのか。寄付をするといってもどこに寄付をするのか。とても時間をかけて決めた結果でした。私たちともたくさん意見を交換し、こちらの思いと彼女たちの思いと、いろんな思いが交差し、話し合った結果、下した決断でした。

寄付をすると決めてから、班長のNさんは寄付先の情報をたくさん集めて、私に相談をしてくれました。そして自らその場所に連絡を取り、どのような使い道になるのかも自分で確かめ、決めたのがマクドナルドハウスでした。
その決め方、それまでの経緯は大人顔負けで、もういつ社会人になっても恥ずかしくない頼もしい人です。

寄付をするときに、物を送ってしまうだけでもいいのではないかと思いましたが、「実際に足を運んだほうがいい。」と主任にアドバイスを受けたので、直接届けに伺いました。実際にマクドナルドハウスに行くと、担当の方がその施設の中や状況を丁寧に説明してくださり、私たちは健康で過ごしていることがいかにありがたいことなのかを考えさせられました。困っている人たちの少しでも力になることで、自分も力を得る、それは実際にやってみないと分からないことですね。?足を運ぶことの意味を改めて感じておりました。


最後まで自分たちの役割を全うしたNさんとHさん。本当に素晴らしい。
こんな機会をもらって、彼女たちに本当に感謝です。ありがとう。

HOME Counter