学校案内 学校説明会 入試情報 通学エリア 進路状況
校長日記 生徒・国際交流 図書室案内 保護者の方へ 卒業生のページ
□入試要項
 算数1教科入試について
 第3回入試について



□過去3年分 入試結果


入試問題・解答・解答用紙


□Q&A-入試について



□転編入試験について





□パンフレット送付申込





広報部長より


今回より「算数1教科入試(定員20名)」を2月1日午後に行います。
高等部生は数UBが必修の本校において、将来、数学が必要な進路を希望する生徒の増加、また社会においては数字を使って判断するスペシャリストの必要性が高まっていることから導入することといたしました。こちらは合格ラインが高くなることが予想されます。

<試験について>
解答は答えのみ(記述部分点なし)。解答する個数は25(各4点)。問題と解答は同じ紙面というスタイルでB4サイズ3枚の予定。計算用紙は配布しません。
試験時間:60分

<集合時間> Aグループ15時、Bグループ15時30分、Cグループ16時
※出願時申告制。午前中の受験校や、面接の有無に応じてお選びください。当日の変更も可能です。ABグループで集合時間を10分過ぎた方は次のグループでの受験となります。Cグループの遅刻の場合、時間延長はありません。

<受験料>1万円

<アドバイス>
・難易度は本校の過去問で作成したサンプル問題と同程度と考えています。本校の過去問での練習も有効です。
・午前入試の算数と異なりを書きますので、部分点は有りません。正確さとスピードも必要です。
・合格ラインが80点を超えることはないと考えております。
・受験生の人数にもよりますが、実倍率が3.7倍(昨年度入試の最高倍率)以下となるような合格者数にしたいと考えております。
・「複数回受験の方のボーダーライン考慮」はこの試験でも実施します。1問分=4点の予定です。「午前の試験では不合格だったが午後の算数で合格」という方が複数出て欲しいと考えています。

算数1教科入試について


2016年に第3回で新しい入試「表現力・総合型」を導入したきっかけは2つあります。

1つ目は「スーパーグローパルハイスクール」指定校となったことです。品川女子学院は、「28project」をテーマに、企業コラボ総合学習や起業体験プログラム、社会人による特別講座など、アクティブかつコミュニケーションを重視した学習に取り組んで参りました。そのような活動が評価され、2014年からは文科省よりスーパーグローパルハイスクールの指定を受けております。現在は全教科で課題解決型学習を実施しており、表現力のある生徒たちが授業を活性化しております。

2つ目は、日本の大学入試の変化です。2020年を目標に大学入試センター試験は廃止となり、思考力や表現力を重視した入試へシフトしていくと言われております。

このような、校内の変化と大学入試の変化をきっかけに、中等部入試において求める生徒像を多様化しようと考え、4科目の基礎力をふまえた上での「表現力・総合型入試」の導入となりました。

私立型・公立型、どちらのタイプの受験勉強をしてきた小学生でも受験が可能な試験だと考えております。 2017年第3回入試問題・解答(PDF)をご覧ください。
2017年度入試当日のアンケートでは、公立中高一貫校との併願は約37%でした。
<試験について>
・解答方法は記述がメインです。
・試験II(国語)では課題文の内容をふまえた上で「自分の考えを書く」という点が、第1回、第2回の国語の試験と異なった特徴です。
・じっくりと採点したいので、合格発表は当日ではなく翌日10時となります。

問題・解答をご覧になるには、Adobe社のAcrobatReaderプラグインが必要です。右のボタンでダウンロードページに進めます。(プラグインは無料です)
AcrobatReaderのダウンロード

HOME Counter